Xperia 10Ⅱを買ったのでカメラ性能などをレビューします!!

スマートフォン

Xperia 10Ⅱ(エクスペリア テン マーク ツー)と言うミドルレンジタイプのスマートフォンがワイモバイルから発売されました。
ちょうど使っていた別の機種が壊れてきたので、これを機にこの機種に変更をしてみました。
僕の人生初のXperiaスマートフォンです。
今日はXperia 10Ⅱの事を色々買いていきたいと思います。

結論から言うと、スペックはそこそこ控えめな機種ですが、
総合的にはとても使いやすい機種だという印象です。
それほど機種にこだわりがなければ全然満足できると思います。

ざっくりとスペック紹介

ざっくり特徴をまとめるとこんな感じです。

  • 本体価格を抑えたミドルスペックのAndoridスマートフォン
  • 外側に3つのアウトカメラ、内側に1つのインカメラ
  • おサイフケータイ対応
  • 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
  • 約6.0インチ/有機EL トリルミナスディスプレイ for mobile/Full HD+

ポイントは本体価格を抑えているのに、
トレンドのトリプルレンズカメラ有機ELディスプレイを搭載しているというところ。
有機ELはとても発色が綺麗です。
まずは一番気になるカメラの方をチェックしていきます。

カメラ性能

Xperia 10Ⅱの背面には望遠(52mm)標準(26mm)超広角(16mm)のカメラが3つ付いてます。
人間の目ですら2つしかないのに、3つもあってすごいですよね。

僕は他に持っているスマートフォンも使って写真の撮れ具合もチェックしてみました。

標準①

Xperia 10Ⅱ(自動)

Xperia 10Ⅱ(ナイトモード)

iPhone 6S

GALAXY S7 edge

GALAXY note 8

新宿中央公園から駅方向に向かって撮影しました。
この中ではかなり綺麗に撮れているほうなんじゃないかと思います。
iPhone 6Sはちょっと論外ですね。汗
GALAXY S7 edgeとGALAXY note 8は、ビビッドが強すぎな印象を受けます。

Xperia 10 Ⅱのナイトモードでも撮ってみたのですがこれはちょっとダメですね。
あまり自分みたいなカメラの素人がナイトモードを使いこなすのは少々難しそうなので、
そのまま普通に撮ったほうが綺麗に撮れそうです。

標準②

Xperia 10Ⅱ(自動)

Xperia 10Ⅱ(ナイトモード)

iPhone 6S

GALAXY S7 edge

GALAXY note 8

新宿中央公園から都庁の上の方向を撮影しました。
この中でもちゃんと白いビルが白く写っているので綺麗に撮れているほうなんじゃないかと思います。
iPhone 6Sはやっぱり論外。
GALAXY S7 edgeとGALAXY note 8は、なんとなく写真が黄色い感じがしますね。

そしてXperia 10 Ⅱのナイトモードもやっぱりここではダメです。

標準③

Xperia 10Ⅱ(自動)

iPhone 6S

GALAXY note 8

神田川から都庁の方向を撮影しました。
日中に撮ったので基本的にはどの写真も綺麗です。
Xperia 10Ⅱの方がどちらかと言えば川の縁とか、左のビルのシミが鮮明に写っている印象です。

望遠

Xperia 10Ⅱ

iPhone 6S

GALAXY note 8

神田川から都庁の方向を撮影した際に一緒にズームした写真も撮りました。
どれも個人的には好きじゃないですね。
iPhone 6Sはあれ以上ズームができませんでした。
正直なところあまり実用性を感じられないレベルです。
普通に撮りましょうって感じです。

超広角

Xperia 10Ⅱ

通常のカメラで撮った時と比べて超広角だと若干写真が暗くなるみたいですね。
あと全体的に歪んでいて魚眼レンズで見ているような気分になりますが、
大きいものを近くで撮りたいときは画角に収まるのでこれはこれでやっぱり便利です。

すき家で撮った牛丼。やっぱり下のトレーとかがなんとなく歪んで見えますね。

 

とてもよかった事①:モバイルSuicaとモバイルPasmoが一緒に使える

最近Pasmoもモバイルアプリのサービスを開始しましたが、
現在出ている殆どの機種がモバイルSuicaとモバイルPasmoを両方入れることはできません。

モバイルSuica・PASMO対応機種一覧.pdf

また、モバイルPASMOが対応している機種であっても、
モバイルSuicaの方で適切な処理をしてからアンインストールを行わないと、
FeliCaの中の鉄道領域にモバイルSuicaのデータが残ったままになり、
モバイルPASMOがインストールできなくなります。
その場合は携帯キャリアショップでのICカードフルフォーマット(ドコモの場合はDOCOPYによるICカードクリア)を行う必要があるのですが、
その際他のICカードデータも削除されてしまうので地味に厄介です。

 

その点、Xperia 10 Ⅱは、2つの鉄道系ICアプリを同時に入れられるので便利です。
Suicaを使うか、Pasmoを使うかはおサイフケータイアプリの中で切り替えます。

 

JRや東京メトロには乗車した分だけポイントがつくサービスがありますが、
複数のICカードを持たなくても、スマートフォンひとつで管理できるので便利です。

 

後は、当たり前っちゃ、当たり前なのですが、
ICカードリーダーの反応がとってもいいです。
さっとかざしただけですぐ改札が反応してくれます。
まだこの機種で改札の扉を閉められたことは1度もありません。笑

 

とてもよかった事②:握りやすく持ちやすい

6インチというかなり大きな画面ですが、
全体的に縦長でちょうど持ちやすいサイズです。
ブラウザも1回で表示できる量が増えて見やすくなりました。
これ以上横幅や厚さがあると片手で操作が難しいなってところの際どいちょうどギリギリのサイズ感です。

ポケットに入れるとちょっと頭が飛び出しそうな感じがありますが、
横幅がないので歩きやすく、取り出しやすいです。

 

とてもよかった事③:イヤホンジャックがある

本体の上部左端にイヤホンジャックがついています。
一応、ワイヤレスのイヤホンもいくつか持っているんですけど、
電池がなくなったりしても線のイヤホンをさして音楽が聞けるのはありがたいです。
最近どんどんこのジャックを無くすスマートフォンが増えてきたので、
イヤホンジャックも必要派の自分としてはちょっと困ってるところです。

 

とてもよかった事④:マルチウィンドウとサイドセンスがとても便利

Xperia 10Ⅱの縦長ディスプレイを活かしたマルチウィンドウがとても便利です。

一つの画面で、Youtubeを見ながらTwitterを閲覧したり、
メール画面を開きながらブラウザを閲覧したりと、
同時に2つのことができるのが便利です。
また縦長のディスプレイなので2つに画面が分割されても見づらさは感じません。

 

Xperia 10Ⅱにはサイドセンスと言う機能があります。
液晶の端っこをタップすると、ショートカットのようなアイコンの一覧が出てきます。
一旦ホーム画面に戻らなくても、サイドセンスから直接アプリが開けるのはとても便利な機能です。

 

とてもよかった事⑤:本体価格50,000円以内

トリプルレンズカメラ、有機ELディスプレイ、おサイフケータイ、防水・防塵とトレンドの機能や便利な機能が搭載されていますが、
ワイモバイルオンラインショップでの価格は
機種変更でも46,800円(税抜)です。
新規、乗り換えだと41,800円(税抜)と、
かなり本体の価格が抑えられていて税抜50,000円以内で購入できます。

 

 

微妙な事①:カメラシャッターがとても遅い

Xperia 10Ⅱにおいてとても致命的に感じているのは、
カメラのシャッターを切るのが壊滅的に遅いです。

特に保存先を直接SDカードを保存先にする時はCLASS 10のmicroSDカードじゃないと厳しいと思います。

ただ、一応本体のメモリーにも保存はできます。
こっちの方が本当に若干ですが速いので、一旦本体に保存してそれから必要に応じてmicroSDカードの方に移動してます。

 

…が、やっぱり遅いです。
iPhoneやGALAXYを使っている人であればかなりストレスを感じる遅さなので、
カメラ機能にこだわりがある人には正直おすすめできない機種です。

さらにひどいのはナイトモードです。
撮影後、暗い箇所を明るく補正をしているんだろうと思いますが、
撮るたびに画像のような処理画面が出てきて概ね2、3秒はかかります。
これではシャッターチャンスを逃してしまいます。

微妙な事②:撮影した動画のズームができない

動画もそこそこ綺麗に撮れるのですが、
撮影した動画がデフォルトのプレイヤーではズームできないんですよね。

おそらくサードパーティ製の動画再生アプリをGoogle Playから購入してダウンロードすればいいのでしょうけど、
iPhoneでもGALAXYでも撮影した動画はちゃんとデフォルトの動画再生アプリでズームができるので、できない事に最初びっくりしました。

後、あまり関係ないですけど、
動画でもご覧いただける通り、録画時のズームに少々難がありますね。

 

微妙な事③:ロック画面がスワイプしずらい

ロック画面が片手でスワイプしずらいです。
おそらく画面の半分くらいまでスワイプしないとロック解除の画面が出てこないんだと思います。
もうちょっと手前でも解除画面が出てくれればいいのになって感じます。
スワイプがしづらいので、カメラ起動を片手でできないのはやや不便です。

その代わり、本体右側にある指紋認証のセンサーは優秀です。
これだけの領域しかないのに予め登録してある指を軽く押さえるだけですぐロックを解除してくれるので、
基本的には普段はあまりスワイプは使わず指紋認証でロックを解除しています。

まとめ

ざっくり僕が感じた特徴など、ポイントをまとめると、

  • ミドルスペックのスマートフォンだけど撮影した画像はとても綺麗で優秀。
    その代わり通常使用に限る。
  • シャッターを切るのは壊滅的に遅い。
  • モバイルSuicaとモバイルPasmoの両方をインストールできる
  • FeliCaのタッチ反応がとても良い
  • マルチウィンドウとサイドセンスがとても便利

僕の場合は、今回の機種変更に至っては、
カメラよりもおサイフケータイの機能と持ち歩きやすさを重視していたため、
結果的には自分の中で満足のいく機種に出会うことができました。
カメラのシャッターを切る遅さにはややストレスはありますが、
思っていたよりは画像は綺麗に撮れるので、
これからカメラも積極的に使っていこうと思います。

ワイモバイルスマホの購入はオンラインショップが一番おすすめです

今回のXperia 10Ⅱはワイモバイルのオンラインショップにて購入しました。

2020年8月3日にネットで注文して、8月4日審査開始のメールが来て、
8月6日には機種が届きました。
発送完了メールの方が逆に遅くて翌日の8月7日に届いてました。
とても速くておすすめです。

 

店頭で購入をしようとするとこんなことありませんか?

  • ワイモバイルではなく、ソフトバンクへの切り替えを促される。
  • 必要のないソフトバンク光やソフトバンクでんきの営業をされて無駄に時間を取られる。
  • 必要のないオプションを付けさせられる。
  • 頭金という謎の本体価格の上乗せがある。

ネットショップでならそんなの一切ありません!

 

さらにネットショップでの購入ならこんなメリットがあります!

  • 店頭での契約では発生する事務手数料がオンラインショップならば無料!!
  • 最短約10分でネットで手続きが完結!!
  • ネットでしか実施されていないキャンペーンがある!

もし他社からワイモバイルへの乗り換えや、
機種変更をご検討ならば、
ぜひ便利なネットショップをご利用ください。
ワイモバイルのネットショップは下のリンク先からご覧になれます。

Y!mobileの公式オンラインショップを見る

タイトルとURLをコピーしました